ヨギボー

ヨギボー

快適すぎて動けなくなるソファーとして話題のヨギボー。
大きめのソファやベッドとして自在に変化する魔法のアイテムです。

 

朝の情報番組の「モーニングバード」や、フジテレビのお昼の番組「バイキング」、関西ローカルの深夜番組の「今ちゃんの実は」などで紹介されました。

 

もともとは海外のソファですが、一躍人気が出て日本に上陸しました。
ヨギボー
ヨギボーはとても人気が高く、多くのブログなどでも紹介されています。

 

いち早く手に入れて実際に使用した人の感想を調べていると、ある重大な欠点があることに気づきました。

 

 

ヨギボーの欠点とは

 

ヨギボーは実際に使った人の口コミでの評判を見ると確かにみなさんお気に入りの様子です。
座ってみると快適になると絶賛しています。

 

しかし、どんな商品にも欠点やデメリットはつきまとうものです。

 

ヨギボーの欠点その1.大きさ

ヨギボー

ヨギボーは元々海外で作られて人気が出たソファです。
海外では一般家庭でも家が大きく、ヨギボーを置けるだけの十分がスペースがあります。

 

しかし、日本の家庭事情は海外とは違って、一般家庭は狭く作られています。
そのため、ヨギボーを置く場所がないという欠点があります。

 

狭い部屋には向いていないんですね。

 

これは当たり前のことなんですが、テレビを見て欲しいと思って購入すると、実際に届いたものが大きすぎて、邪魔な存在になってしまうことが大いにあります。

 

ですから、買う前にヨギボーを置けるだけのスペースが十分にあるかどうかをしっかり確認しておきましょう。

 

ヨギボー

でも、家が狭いからといって諦める必要はありません。

 

ヨギボーは3つのサイズから選ぶことができます。

 

部屋が狭い場合は、小さいMiniサイズを選べば邪魔になることはありません。

 

 

 

ヨギボーの欠点その2.品薄状態

ヨギボーは連日いろんなテレビ番組で取り上げられて話題になっています。
テレビを見た人がさらにブログやFacebook、ツイッターなどで口コミで拡散しているので知名度がどんどん高まっています。

 

そのため、ヨギボーの生産が追いつかずに品薄状態になっています。

ヨギボー
ヨギボーの一番人気のフルサイズのヨギボーマックスは、次回の入荷待ちとなっています。
そのため、予約注文という状況になっています。

 

ヨギボー

今後もますますヨギボーの人気は高まってくると予想されます。

 

生産が中止になってしまう前に早めに注文しておきましょう。

 

ヨギボーの欠点その3。快適すぎる

ヨギボー

ヨギボーのキャッチフレーズは、「快適すぎて動けないソファ」です。
その名の通り、いろんな人のブログを見ていると、「快適すぎる」という言葉が飛び交っています。

 

ヨギボーは、自分の体に合わせて自在に変化するので、ピッタリフィットしてくれるんですね。
まさに全身を優しく包み込んでくれる感覚です。

 

そのために、快適すぎて動きたくなるなるんですね。

 

ヨギボーが家にあったら、休日の日にはダラダラとヨギボーに座って、そこから動きたくなるなることは間違いありません。
外出するのが億劫になってしまう危険性があります。
これはある意味、最大の欠点であるといえますよね。

 

>>ヨギボーの公式オンラインショップはこちら

 

 

ヨギボーの特徴

 

 

ヨギボーは3つのサイズがあります。

色はそれぞれ15種類から選ぶことができます。

 

ヨギボー

 

ソファ以外にもクッションなどのリラックスできるオプショングッズがたくさんあります。

 

ヨギボー

 

子供が喜ぶぬいぐるみのクッションなども用意されています。
カバーや補充ビーズも販売されているので、お手入れやメンテナンスもしっかり対応できます。

 

ヨギボー

 

※ヨギボーの詳細は公式オンラインショップでご覧ください。

 

>>ヨギボーの公式オンラインショップはこちら